どっちがお得?消費者金融と銀行の違い

消費者金融と銀行ではどちらがお得かというと、総量規制対象外カードローンもありますが、金利だけでいえば圧倒的に銀行のほうが有利となります。
そのため、単純にお金を借りるのであれば消費者金融を選ぶ理由はないようにも思うかもしれませんが、このふたつの大きな違いとしては借りやすさがあります。

金利が高い代わりに借りやすいかあるいは金利が低い代わりに借りづらいかということになるので、その時の状況にあわせて使い分けるのがベストです。
消費者金融であっても融資を受ける時に審査はありますが、即日であったり数日の内に結果を出してくれるので今すぐ借りたいという時に便利です。
今月中にお金を用意しなければならないといったケースの時に、どれだけ金利が安くても借りることができるのは三ヶ月ごとなっては意味がありませんから、今すぐ借りたいという時には金利を気にしている場合ではなく借りやすさを重視して消費者金融を選べば良いということになります。

逆に起業などを考えていてまとまったお金がひつ用だという時には、例え時間がかかっても金利が安い方から借りたほうが良いといえます。
起業をする場合には今すぐに会社を興さなければならないということもありませんから、そのような時にはじっくりと時間をかけて金利が安い方から借りたほうが後々楽になるものです。

どちらも同じ条件で借りやすさも一緒であれば銀行のほうが圧倒的にお得だといえますが、現実的にはそうは行かないので利用用途に応じて使い分けることになります。